HOME>オススメ情報>メリットだけでなくデメリットも把握しよう

賃貸期間と希望者探しについて考えよう

電卓と家

長期に渡り、家を使用しないなら、家を貸すといった選択肢も良いのではないでしょうか。そこで、考えておきたいのが、どれくらいの期間、貸し出すことが出来るのか、賃貸希望者をどのように探すのかといった点です。転勤などで決まった期間、家を使用しないと分かっている場合は良いですが、そうでない場合、賃貸期間中に家が必要になっても使用出来なくなります。よく考えた上で、賃貸期間を設定することが大切です。また、賃貸希望者を自分自身で探すのか、不動産などを通し、探してもらうのかといった点も重要です。既に知人などの中に賃貸希望者がいる場合は良いですが、いない場合には、希望者を探さなくてはいけません。希望通りのタイミングで賃貸希望者が見つかるとは限りませんし、見つかったとしても賃貸期間や賃貸料金などで折り合いが付かない場合もあります。余裕を持って行動すること、そして予定通り行かず、妥協が求められる場合についても考えておくことが大切です。

手配を自身で行う場合と任せる場合について

家の模型とお金

家を貸す場合、全ての手配を自分自身で行うか、不動産業者などに任せるか、どちらかの手段を選ぶことになります。自分自身で行う場合には、手数料などがかからず、希望通りの条件を提示出来るといった点がメリットになりますが、賃貸希望者探しやトラブルが起こった場合など、全ての対処が必要となるところはデメリットと言えます。反対に、不動産業者などを利用した場合、賃貸希望者探しといった部分を任せることが出来、賃貸価格をはじめとした諸条件を相談出来る点はメリットですが、手数料などの金額によってはデメリットとなることもあります。賃貸希望者の当てがある場合や手数料が高額になる場合には、自身で行い、賃貸希望者の当てがない場合や何から手をつけてよいか分からない場合には、業者を利用するのが良いのではないでしょうか。